酒粕とは

日本酒造りの過程で生まれる"奇跡の素材"

酒粕は、日本酒を製造する工程において、麹、酒母、蒸米、水を仕込んで発酵させた醪(もろみ)から日本酒を搾ることによって生まれる副産物です。手仕事による丁寧な工程と発酵のパワーにより、副産物と呼ぶにはもったいないほどに、奥深い味わいと豊かな栄養素を持っています。

酒粕に含まれる豊富な栄養素

a-EG

酒粕に含まれる「a-EG」成分には、皮膚の真皮層のコラーゲンを増やす作用をもたらすことが学術的に証明されています。(※2)

コウジ酸

酒粕に含まれる「コウジ酸」には、メラニン生成の抑制効果が認められています。(※3)

フェルラ酸

化粧品分野でも広く利用されている「フェルラ酸」も、酒粕に含まれています。フェルラ酸は抗酸化作用を有しており、皮膚の老化を抑制する効果や、ストレスを和らげる作用も期待できる成分です。(※4)

レジスタントプロテイン

酒粕には、レジスタントプロテインという、難消化性たんぱく質の一種も含まれています。レジスタントプロテインは、食物繊維のような作用があり、便秘やコレステロールの排出促進、肥満抑制などの効果が確認されています。(※5)

その他の栄養成分として、たんぱく質、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、パントテン酸(ビタミンB5)、食物繊維などが含まれています。(※6)

また、必須アミノ酸を含む合計16種のアミノ酸が含まれています。(※7)

KIKKAと一緒に

美しくて新しい酒粕習慣をはじめましょう

オンラインショップを見る