KIKKAについて

活かされていない酒粕を再生し、美して新しい食のライフスタイルを届けたい

酒粕は日本酒の副産物として生まれ、その量は年間で約3万トン相当にも上ります。(※1)日本酒を造る過程で生まれた栄養素や旨味を豊富に含んだ上質な素材ですが、食用として活かされる機会は減っており、肥料・飼料として利用される他は廃棄されています。

KIKKAでは、そんな酒粕が持つパワーを活かし再生することで、日本酒の副産物として位置付けられている酒粕に新たな価値を生み、その恩恵により美しく健やかなライフスタイルを創造していくことを目指しています。

1.酒粕の苦手な方にも、酒粕をお楽しみいただけるように

酒粕に苦手意識を持たれている方にもその美味しさをお楽しみいただけるように、酒蔵で丁寧に造られた美味しい酒粕をフレッシュな状態で使用するほか、粉末加工し特有のクセを抑えるなど。酒粕の味わいを調和させた商品づくりを行なっています。

2.現代のライフスタイルに合わせた、酒粕の新しい楽しみ方を提案

「酒粕に馴染みがない...」「酒粕をどう調理していいかわからない...」そのような方にも、酒粕習慣を楽しみながら続けていただけるよう、今のライフスタイルに合わせたラインナップとその楽しみ方を提案していきます。

3.日本独自の発酵技術と上質な素材から

KIKKAの商品には、酒粕や糀など日本独自の発酵技術により生まれる素材を使用しています。職人たちの丁寧な手仕事により作られた上質な美味しさをお届けしていきます。

KIKKAと一緒に

美しくて新しい酒粕習慣をはじめましょう

オンラインショップを見る